カテゴリ:トサカ日記( 44 )

ひさびさ・・・

季節はそろそろ秋の気配。
ここに暮らしはじめて、小さな株から育てて5年。
ブルーベリーがたくさん実を付けましたのでジャムにしました。

ひさしぶりに、ぽつりぽつりとブログをはじめることにしました。
わたしたちは、北欧の風景やデザインが大好きで、「森と湖のくに」に憧れて
琵琶湖のほとりに暮らすようになりました。

どこで暮らすのかという選択肢は、お話をうかがうと本当に人それぞれで
通勤など交通の便、お子様の学校などさまざまな選択肢があります。
私達は、自然環境や歴史、都市へのアクセスの利便性などですが、
何よりも琵琶湖を眺められることは第一条件ですね。
自分たちの暮らしのスタイルは大切にして行きたいなぁと思います。


e0051560_13434246.jpg

[PR]
by ryo_tosaka | 2008-08-26 05:06 | トサカ日記

ラブトレインに出会いました

e0051560_1903447.jpg


浜大津駅でラブトレインに出会いました。
がんばって走ってくれているようです。

もうすぐバレンタインデー。
愛のメッセージを託したラブトレインも
ホワイトデーにむけてデザインがバージョンアップする予定です。

NHK滋賀「おうみ610」、NHK近畿エリア「ぐるっと関西お昼まえ」で
放映していただきました。ありがとうございます。

皆さんは、もうラブトレインに乗りましたか?
[PR]
by ryo_tosaka | 2007-02-12 19:06 | トサカ日記

あっという間に半年が過ぎ・・・

去年は、京阪電車石山坂本線で七夕電車を7月にディスプレイしてから
あっという間に2006年の半年が過ぎました。

京都芸術デザイン専門学校の学生さんとのプロジェクトでは
08月には、京阪電車夏真っ盛り号
10月には、瀬田のあんどん祭、浜大津ハロウィン、京阪電車ハロウィン号
12月には、浜大津クリスマス、京阪電車クリスマス号

一級建築士事務所TOSAKAでは
09月にU邸竣工、仰木の棚田の稲刈り
11月にH邸シアタールーム竣工
12月に琵琶湖大津館での「建築家と考えるまちづくり展」

忙しすぎて記憶が無いくらい充実した2006年でした。

そして、
2007年1月22〜3月24日まで
京阪電車ラブトレインが走っています。

今年は、新しい活動を始めるために、
またまたがんばります。

ブルーベリーの花のつぼみが膨らみはじめました。
春はすぐそこに。
[PR]
by ryo_tosaka | 2007-02-05 11:55 | トサカ日記

大津市内を七夕電車が走る/京阪石坂線2006

e0051560_7422947.jpg

京都芸術デザイン専門学校の空間デザインコースの
学生さんたちの提案から、京阪電車様や大津市子育て支援施設ゆめっこ様、
そして、ゆめっこのこどもたち、大津市役所都市再生室のご協力のもと、
七夕電車が完成しました。

e0051560_856891.jpg

7月2、3日にわたり、嵐のような天候の中、近江神宮前車庫で
車両のデザインシート貼付作業を行いました。
また、京阪電車浜大津駅前では、七夕飾りを行い、市民の方々に
願いの短冊を取り付けていただくことができます。

学生の皆さんが考え、多くの皆さんに支えられ、
自分たちの手で実現するという貴重な体験は、きっと彼らにとって将来
大きな力となるでしょう。
本当によくがんばりましたね!!
そして、ご協力いただきました皆様本当にありがとうございました。

七夕電車 運行期間:7/3〜7/7
[PR]
by ryo_tosaka | 2006-07-04 07:44 | トサカ日記

琵琶湖がきれいに見えます。

e0051560_11133141.jpg


散歩道の途中の古墳公園から望む琵琶湖。
このごろ天気がよいのでとても美しく輝いています。
このあたりには、古くから渡来人が文明をもち、
667年(天智6年)天智天皇によって遷都された大津京として栄えました。
我が国最古の戸籍である庚午年籍を整備するなど、律令体制の基礎づくりが
行なわれたといいます。
不思議なことに、古墳の向きも、日吉大社の神がたどり着いたという方角も
みな同じ方向なのです。
一体これは何を意味するのでしょうね。
[PR]
by ryo_tosaka | 2006-05-05 11:18 | トサカ日記

仰木のこいのぼり



たまたま通りかかった琵琶湖大橋から少し山側へ
向かう途中で、川沿いに泳ぐこいのぼりの群れを発見。

そういえば、もうすぐこどもの日。
この近くにある、仰木の棚田で、
棚田オーナーデビューする予定なのですが、
早く自分たちが育てたお米を食べたいものです。

e0051560_22312550.jpg

[PR]
by ryo_tosaka | 2006-04-30 22:32 | トサカ日記

京都知恩寺・手づくり市に行きました

e0051560_21224079.jpg


今日は、いいお天気だったからか、ものすごい人出でした。
身動きができないくらいでしたが、さすがに御多福珈琲さん。
長蛇の列は、延々と続いていました。

何よりも、息のあったエレガントな背中に、
思わず微笑んでしまいますね。
[PR]
by ryo_tosaka | 2006-03-15 21:25 | トサカ日記

棚田の春

e0051560_17564870.jpg


裏山を上がると、谷沿いに棚田が広がっています。

このあたりは、比叡山、比良山など、琵琶湖沿いに
急峻な山があるので、棚田がとても多い地域です。

わずか50センチほどの幅の棚田もあり、
機械ではとうてい入ることができないのですが、
夏になると、青々とした水田が広がるのです。

海外の人が、はじめて日本で水田を見たとき、
モダンアートだと思った!!という、笑い話がありますが、
日本の生活の中のデザインは、本当に美しいと思います。

田植えに向けて、少しずつ準備がはじまり、
うぐいすのさえずりが聞こえます。
[PR]
by ryo_tosaka | 2006-03-12 18:05 | トサカ日記

ほんとに、猿そっくりの岩

e0051560_2151522.jpg


日吉大社東本宮にむかう参道に猿岩という高さ1.2メートルくらいの
岩が鎮座しています。
日吉大社は、豊臣秀吉の母が宮司の娘だったとかで、
なにかと秀吉にゆかりがあります。
秀吉が幼少の頃、日吉丸ともいわれていたのも
何か関係があるのだと思います。
ちょうど、京都の鬼門を比叡山が守っていて、
その守り神が日吉大社なので、「魔が去る」ということから、
猿が神様の使いとして祀られているのです。
本当に、猿に見えるから不思議です。
[PR]
by ryo_tosaka | 2006-03-06 21:58 | トサカ日記

今朝は霧の中を散歩しました

e0051560_1126680.jpg

今朝の大津・琵琶湖岸は、住宅街でも
霧で視界が10メートルほど。

まったくその先は見えない程の濃霧は、息苦しい程でした。
日吉大社の森の中に入っていくと、霧が空気中を流れていくのが見え
とても幻想的でした。
豊かな湧き水の音だけがひびく境内は静寂そのもの。
とても気持ちのよい朝でした。

今年は花粉が少ないので助かります。
でも、昨日気になる記事を発見!!
花粉症対策に、雄杉を間伐したら効果的という林野庁のデータが
改ざんされていて、じつは効果がなかったとか・・・。
かえって、花粉がついたり逆効果の場合もあったそうです。

小さな記事だったけれど、
これってじつはものすごい事件だと思います。
山の整備にも、莫大なお金が動いてるんですよ。

こちら滋賀県では、近畿の水瓶といわれる琵琶湖の
水源となる森を守るために環境税が実施されます。
本当に役に立つのであれば、いいのですが。
[PR]
by ryo_tosaka | 2006-02-22 11:26 | トサカ日記